腰部脊柱管狭窄症の辛い痛み、痺れを治しましょう。

 
最近は痛み止めを飲んでも「痛み」が引かない…
 
注射を打っても痛みが引くのは最初だけ…
 
辛い「痛み」や「痺れ」に困っていませんか?
 
「漢方薬にて狭まってしまった脊柱管を元に戻す事は出来ません。」

しかし「痛みがない」「痺れがない」「違和感がない」という状態にする事は可能です。
 
手術の前に漢方薬を試してみませんか?
 

 

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症という病気には
 
〇腰部脊柱管狭窄症
〇頸部(頚椎)脊柱管狭窄症
 
の2種類があります。

「腰部脊柱管狭窄症」は、腰椎内部の神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫されて腰の症状や足の症状が出現する病気になります。
 
頸部(頚部)脊柱管狭窄症は、頸椎の脊柱管が狭くなることにより、脊髄が圧迫され首周りの緊張や痛みが症状として現れる病気です。
 
頸部(頚部)脊柱管狭窄症に関しては、頸部(頚部)脊柱管狭窄症のページをご覧ください。
 
頸部(頚部)脊柱管狭窄症
 

腰部脊柱管狭窄症の症状

まず代表的な症状としては、
 
・腰痛や腰の周りの違和感、はり感などの腰の症状

・足にしびれや痛みがある、ふくらはぎがだるい、足が上がらない、などの足の症状
 
「腰」「足」に出る2つの症状に分かれます。
 
また「腰部脊柱管狭窄症」の症状として、ある一定時間歩き続けていると足の痛みしびれ・脱力感が強まって、歩きにくくなったり歩けなくなったりする症状が出てくる事があります。
 
この症状を間欠跛行(かんけつはこう)と言い、間欠跛行(かんけつはこう)は「安静時」には楽ですが、「動きだす」と痛みや痺れが出てきてしまうのが特徴になっています。
 
また腰部脊柱管狭窄症は、「腰椎椎間板ヘルニア」と同様に「坐骨神経痛」を引き起こす病気の一つになります。
 
「腰椎椎間板ヘルニア」による「坐骨神経痛」は、前屈位によって坐骨神経が引っ張られ、症状が悪化します。
 
これに対して腰部脊柱管狭窄症では、「後屈位」などの背中を反らす姿勢で狭窄が悪化する事が多いです。
 
その為「前かがみになって休む」という姿勢が楽に感じてしまいます。
 

腰部脊柱管狭窄症の原因

そもそも「脊柱管」とは何かというと、背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道の事を言います。

この「脊柱管」が老化により狭くなっている方や生まれつき脊柱管が狭い先天性の方、他の疾患からくる脊柱管の狭まり、原因は色々あります。
 
他の疾患からくる脊柱管の狭まりには、
 
・椎間板ヘルニア
・脊椎すべり症
・変形性脊椎症
・骨化症
 
などの疾患が考えられます。
 
他にも若いときに腰を痛めたことがある方長時間運転する方中年の女性などにもおこりやすい疾患です。
 

腰部脊柱管狭窄症の漢方薬

腰がどのように痛いのか、「症状」に合わせて漢方薬を飲んでいく事が重要になります。
 
基本的には「骨を丈夫にする漢方薬」を中心に出していく事が多いです。
 
また「腰から下、ふくらはぎにかけて」「足症状」が強く出ている場合は、「下半身の痛みを取る漢方薬」を組み合わせて出す事が多いです。
 
「腰付近から臀部」「腰の症状」が強い場合は、「上半身の痛みを取る漢方薬」を組み合わせて出す事が多くなっています。
 
一番は症状が大事になり、その方の症状に合わせて微調整しながら出させて頂いています。
 

腰部脊柱管狭窄症の症例

症例①(昭和25年生 男性)

何年か前より臀部に違和感が出ていた為病院に行った所、「腰部脊柱管狭窄症」と診断。
神経ブロック注射や電気などの治療をしたが改善が見られない為、こちらに相談に来られました。
 
症状としては「臀部の違和感」「足裏の違和感」が常にあり気になるとの事。
 
痛みとしては動いている時座っている時どちらも痛みがあるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
骨を丈夫にする煎じ薬
痛みを取る煎じ薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、臀部の違和感はなくなってきているとの事。
足裏の違和感はまだ変わらないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、動く時はコルセットをしているが、基本的には調子が良いとの事。
たまに痛みが出るくらいとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、多少無理をしても痛みが出ていないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、ほとんど痛みが出る事がなくなったので今回で治療終了。
 
最初は動くのもお辛そうでしたが、早期で改善が見られた患者さんになります。
引き続き「ミネラル」を多く摂り無理な動きには気を付けて下さいとお伝えして治療終了とさせて頂きました。
 

症例②(昭和8年生 女性)

腰の痛みが出る為、病院に行った所、「腰部脊柱管狭窄症」と診断。
 
最近特に痛みがきつくなったとの事でご相談に来られました。
 
症状としては「歩いている時の腰の痛み」「ふくらはぎの痛み」になり、毎日湿布を1日2回しないと動けないとおっしゃっていました。
また腰をかばっている為か、膝やくるぶしにも痛みがあるとの事。
 
漢方の種類としては、
 
骨を丈夫にする漢方薬
痛みを取る漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、腰骨の痛みが楽になったとの事。
湿布の量も半分まで減ったそうです。
 
漢方服用開始から3ヶ月、起きがけの腰の痛みはまだあるが、膝・くるぶしの痛みは全くなくなったとの事。
ふくらはぎの痛みも軽減しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、ふくらはぎの痛みもほとんどなくなったそうです。
湿布も全く張らなくなったとの事。
 
本当であれば体質改善までもう少し治療をさせて頂きたかったのですが、他に気になる症状があるとの事で治療終了。
 
早期で改善の見られた患者さんになります。
 

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 腰の痛み(腰痛)