三叉神経痛に悩む事のない日々を目指して三叉神経痛に悩む事のない日々を目指して

三叉神経痛とは

三叉神経は脳から側頭部(耳の少し上)を通り、眼・上あご・下あごに向かってのびている神経を指します。
三叉神経痛とはその神経部位に何らかの原因が生じて発生する痛みの事です。

痛みとしては「針で刺されているような」「電気が走ったような」といった、とても辛い痛みになります。
症状は発作的であり、持続時間は数秒~数分ですが一日を通して何度も発症する事も珍しくありません。
主に50歳以上に多く、年齢が高くなるにつれて発症率が高いのが特徴です。
男女比の統計は約1:2であり、女性に多い症状と言われています。
一般的にハッキリした原因が不明な場合も多いのが特徴です。
太陽堂が考える三叉神経痛の原因に「わずかな血管の圧迫」や「脳の記憶」が関与しているとみています。

太陽堂でお出しする漢方薬

三叉神経痛といえども痛みの感じ方は人それぞれです。
・いつから ・どこが ・どのように ・どんな時に 
痛みが出てくるのか、まずは痛みの性質をとらえていく事が最優先です。

  • 血管の炎症を
    抑える
    漢方薬
  • 痛みを感じる
    自律神経(知覚神経)
    鎮める
    漢方薬
  • 体質改善の漢方薬

太陽堂ではこの3つを中心に考えていきます。
お客様ひとりひとりの体質や、年齢を考慮しながら、どの漢方薬を優先させるべきなのかを選別していきます。

Point

太陽堂の三叉神経痛に対する考え方

三叉神経痛の一般的な原因としては「血管による神経の圧迫」や「腫瘍による刺激」とされています。
しかし、頭部CTやMRIのような画像診断を行っても異常はなく、明確な原因が分からないことがあります。

先程も少しお話ししましたが、太陽堂では上記の他に、大きく2つの原因があると考えています。

検査には写らないわずかな
血管の炎症による圧迫

長く神経痛を抱えたことにより
脳が痛みを記憶している

また三叉神経そのものが傷ついている場合、「数十分以上の持続する痛み」を訴える方もいらっしゃいます。

辛い痛みを引き起こす原因を解決する方法としては

わずかな血管の
炎症を抑えること

痛みを覚えている脳の
記憶を改善すること

この2つが重要と考えています。
そのため、神経ブロック注射・ガンマナイフ手術を行った後でも新たな症状が発生することがあり、
漢方薬による改善をオススメしております。
※詳しくはコラムをご覧ください。

コラム神経ブロック、ガンマナイフ手術と
漢方薬の違いとは?

このページをご覧の方で、神経ブロック注射やガンマナイフ手術を行った方も多いのではないでしょうか。
この治療法は直接神経に対してアプローチして治療を行うため、一時的に治まることもあります。
しかし身体の神経は複雑に入り組んでいるため、神経そのものや周囲の血管、筋肉を傷つけてしまうリスクがあります。手術後に痛みが再び出てきてしまったり合併症が起こってしまうのは、このことが原因と考えられています。
漢方薬は服用するものなので、神経を傷つけるリスクはございません。そのため、合併症や再発といったリスクはなく、どなたでも安心してご利用いただけます。これが神経ブロック注射、ガンマナイフ手術との大きな違いになります。

ご予約&お問い合わせはこちら

お客様の声

CASE1『三叉神経痛』(45才:女性)の方のご紹介です

「刺すような痛みが強くなって・・・」
「最初は歯の痛みだと思ったけれど・・・」

最初は歯の痛みが出てきたのがキッカケだったそうです。
「虫歯かな・・・」そう思いながら歯科医院の診察では特に異常はなく、その痛みは神経痛かもと指摘されて病院を受診した所、三叉神経痛との診断。
しばらく病院のお薬を飲んでいましたが、痛みが強くなってきたので「痛みのない生活を送りたい」と太陽堂にご来局いただきました。

症状としては、1日を通して針を刺すような痛みが左上あご・下あごに出てくるようになり、お食事時や仕事が忙しくなったりするとさらに痛みが強く出てくるとのことでした。

太陽堂では、まずは血流を整えて炎症を鎮めていく事が大切だと考え、
「血管の炎症を抑える漢方薬」
「自律神経(知覚神経)を鎮める漢方薬」
の2種類を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬服用開始

1ヶ月後

痛みの起こる頻度が減ってきたとのご報告。
食事の時にも痛みがあまり出てこなくなったとのことです。
早い段階で効果があらわれてきたので、安心致しました。

2ヶ月後

痛みの頻度、強さ、共に減ってきているとのご報告。

3ヶ月後

生理が来なかったので検査すると痛みがほとんど起こらなくなったとのご報告。
1日を通して痛みがあったのを忘れることもあるようです。

4ヶ月後

痛みがほぼ出なくなったようなので、漢方薬を1ヶ月分お渡しして終了となりました。

強い痛みに悩まされていましたが、それが無くなった事で大変喜ばれていました。
気持ちも前向きになって明るくなったようです。
痛みは、どうしてもやる気や行動力を奪ってしまいます。
このまま再発しないようにお身体に気を付けて過ごしてくださいね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

CASE2『三叉神経痛』(77才:男性)の方のご紹介です

「電気が走るような痛みが・・・」
「風が当たっても痛いので外にも出られない・・・」

5~6年前より顔に突然痛みが走るようになってきたので「なにか大きな病気になっているのでは・・・」と心配になり病院でMRIを撮りましたが何も異常は見当たりませんでした。
そこで三叉神経痛と診断されて「まさか自分が」と思いながらも治療を開始。
病院のお薬(カルバマゼピンなど)を飲んでいましたが段々治まりが悪くなって、風が顔に当たるだけでも激痛が出てくるようになったそうです。
「漢方薬で痛みを取れないだろうか」と太陽堂にご来局いただきました。

症状としては、朝起きると左ほほにピリピリした痛みが出てきて、食事や会話時に痛みが強くなるとのこと。
お気持ちが不安定になると電気が走るような痛みが出てくるとのことでした。

太陽堂では、まず自律神経と体質を整えていく事が大切だと考え、
「自律神経(知覚神経)を鎮める漢方薬」
「体質改善の漢方薬」
の2種類を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬服用開始

3ヶ月後

電気が走るような痛みは減ってきたとのご報告。
食事をしても痛みが出てこないようになってきたとのことでした。

6ヶ月後

ピーク時の痛みの数値を「10」とすると「1~2程度」まで弱くなっているとのご報告。
カルバマゼピンを飲まなくても痛みが出てこなくなりました。

9ヶ月後

痛みがほとんど出てこなくなったとのこと。
体調もすこぶる良いようなので漢方薬を減量して様子をみることに。

1年後

漢方薬を減量しても痛みはなく過ごせているとのこと。
今では外で風が吹いても痛みはなく、カルバマゼピンも全く飲んでいないようです。

改善に波はあったものの、今では痛みが無くなってなによりです。なによりも外出ができるようになったことを大変喜ばれていました。体質を整えられたのも痛みの改善に大きく関わっています。 これからもご無理をしないように過ごされてくださいね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

CASE3『三叉神経痛』(79才:女性)の方のご紹介です

「強い痛みが頻繁に襲ってきて・・・」
「口もしっかりと閉じられない・・・」

発症したのは15年前、最初はチクチクと痛み程度だったのが段々と強くなってきたとのこと。
「これはもしかして…」と病院に行った所、予想していた通り、三叉神経痛と診断されたそうです。
なかなか治らないと言われましたが痛みが和らぐので、病院のお薬を長く飲まれていましたが、最近になって強い痛みが頻繁に襲うようになり、「この痛みをどうにかできないか」と太陽堂にご来局いただきました。

症状としては、右のこめかみから口にかけてキリキリとした強い痛みがあるとのこと。
食事や会話もままならず、口を閉じることもできないのでとても辛いとのことでした。

太陽堂では、血流を整えて体質改善を行っていく事が大切だと考え、
「血管の炎症を抑える漢方薬」
「体質改善の漢方薬」
の2種類を中心にお渡しいたしました。

太陽堂の漢方薬服用開始

1ヶ月後

ピーク時の痛みの数値を「10」とすると「2」まで弱くなっているとのご報告。

2ヶ月後

痛みの頻度も強さも改善が見られるとのご報告。
あまりに早い改善ぶりにご本人が一番ビックリされていました。

3ヶ月後

痛みが全くない日が増えてきたとのこと。

4ヶ月後

波はあるものの痛みはほとんど起きていないとのこと。
食事や会話の時も全く気にならずにできているとのことでした。

長年苦しまれてきた痛みが短期間でなくなったことに大変驚かれていました。体質も徐々に改善しているので、再発も限りなく低くなります。会話を楽しめる事がとても嬉しいとおっしゃって頂けました。これからも心身ともに健康でいられるように漢方薬を続けていきましょうね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。

ご予約&お問い合わせはこちら

よくある質問

  • Q1. なかなか治らなかった痛みが漢方薬で良くなるのでしょうか?

    A1. あまりイメージにないかもしれませんが、痛みの疾患に漢方薬は効果が高いです。 1~3ヶ月ほどで改善が見られる方も多いですよ。

  • Q2. 本格的な漢方薬は高いとお伺いしました。おいくらでしょうか?
    また、保険は適用されますか?

    A2. 1週間あたり5000円~が目安になります。太陽堂では、厳選した良質・希少な生薬を使用しているためになります。
    健康保険は適応外になります。医療費控除をご使用される場合、領収書を発行しております。

  • Q3. 三叉神経痛とは違う、数十分の持続した痛みが出てくる事もあるのですが…

    A3. 三叉神経痛は一般的に数秒~数分の範囲で痛みが出たり消えたりを繰り返しますが、三叉神経の損傷によって持続した痛みが出るのではないかと考えています。
    そのような痛みも太陽堂にて多くの方が改善しています、ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約&お問い合わせはこちら

このページの先頭へ戻る