昭和26年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「変形性股関節症」・「膝の痛み」の方になります。

2年ほど前より股関節・右膝下外側に痛みが出ているとの事。
病院での理学療法などでも改善が見られないのでご相談に来られました。

疲れると特に酷くなり痛みが出るとの事。
痛みが出て休むと治るというのを繰り返しているうちに慢性的な痛みになってしまったそうです。

漢方の種類としては、

①血流を良くする漢方薬(変形性股関節症)
②骨の修復・痛みを取る漢方薬(膝の痛み)
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、関節の冷えている感じがなくなってきたとの事。
まだ痛みに関しては大きくは変わらないとの事でした。
 
漢方服用開始から2ヶ月、まだ痛みで足をひきずる事はあるが、痛み自体はよくなっているとの事。
引き続き冷えは感じにくくなっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、膝下の痛みは感じなくなったとの事。
股関節の痛みも改善してきて、1日歩けるようになってきたとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、長時間歩くと痛みが出るが長い時間を歩かなければ痛みはないとの事。
順調に改善してきているように思います。
 
漢方服用開始から9ヶ月、痛みも少なくなり調子良く過ごせているとの事。
痛み以外にも冷えが改善してきているとの事でした。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。