昭和36年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「突発性三叉神経痛」の方になります。
 
10年ほど前から顔に痛みが出るようになり病院に行った所、「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
2年ほど前に病院のお薬(リリカ)を試したが、改善が見られない為こちらにご相談に来られました。
 
痛みとしては「左側頬と顎」に痛みが出ているとの事。
びりびり電気のような痛みが出ていて、「歯磨き」・「会話」・「食事」・「ひげそり」などが激痛で辛いとの事でした。
 
漢方の種類としては
 
〇血管の炎症を鎮める漢方薬
 
を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みはまだあるが、痛みの度合いは減っているとの事。
最初10だった痛みが7くらいまで減り、会話は普通に出来るようになってきたとの事でした。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痛みも半分くらいまで減ったとの事。
痛みが出る事はあるが、治まるまでの時間が短くなったとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、ひげそり・歯磨きも徐々に痛みなく出来るようになってきているとの事。
寒くなっても痛みなく過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、最初お越し頂いた時の1/3程度まで痛みの改善が見られているとの事。
寒くなっても調子が良いとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、最初の痛みの1/5くらいまで減り、物を噛んでも痛みはほとんどないとの事。
痛みも少なくなり調子よく元気に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、痛みもほとんどなく調子が良いとの事。
調子が良いので漢方薬の分量を半分に落として出させて頂きました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、漢方薬の量を半分にしても痛みなく過ごせているとの事で今回で治療終了とさせて頂きました。
痛みもほとんどないので調子良く過ごせているとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みなく過ごせると何よりですね。