昭和31年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
4年前から顔の左側に時々痛みが出てくるので病院の検査を受けた所「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
病院のお薬(リオレサール、テグレトール)を飲んでいたが治まらなくなってきたとの事。
痛みが少しでも改善すればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「お食事時」「歩く時」「歯を磨く時」に痛みが出てきて1日を通して出てくるとの事。
痛みの種類としては針を刺すような感覚との事でした。
 
漢方薬の種類として
 
①血管の炎症を鎮める漢方薬
②痛みを抑える粉の漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みがほぼ起こらなくなっているとのこと。
痛みのない状態が続いてとても嬉しいとのことでした。

漢方服用開始から2ヶ月、痛みを忘れる時があるとのこと。
こんなに痛みが消えると思わなかったとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、痛みのない状態が続いているとのこと。

漢方服用開始から4ヶ月、今までで一番気にならずに過ごせたとのこと。
病院のお薬も全く飲んでいないとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、病院のお薬を止めても痛みが気にならずに過ごせているとのことでした。

痛みの改善がとても早く進んで安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みが治まっていくとなによりですね。