昭和23年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
10年前に痛みが走り歯医者に行ったが歯に異常はなく、病院で検査を受けた所、「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
長く病院のお薬(テグレトール)を飲んでいたが痛みの治まりが悪かったので、漢方薬で改善すればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「右アゴの下」に電気が走るような痛みとのこと。
特に「口を動かしている時」に痛みが強いとのことでした。
 
漢方の種類としては、
 
①血管の炎症を鎮める煎じ薬
②痛みを改善する煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みの強さとして10→7~8には減ったがまだ頻度は変わらないとのこと。
 
漢方服用開始から2ヶ月、急激に痛みの頻度が減ったとのこと。
強さも10→1~2ぐらいになってきたとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、痛みのない日が多くなったとのこと。
強さは10→1とのことでした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、痛みはほとんど起きていないとのこと。
こんなに会話が出来るようになるとは思わなかくて嬉しいとのことでした。

漢方服用開始から6ヶ月、寒くなってきたが痛みはほぼないとのこと。

漢方服用開始から8ヶ月、会議などでずっと喋っていても痛みは出てこないとのこと。
食事や会話が苦にならなくなってきたとのことでした。

漢方服用開始から10ヶ月、コロナの影響で養生があまり出来ていないとのこと。
痛みの出てくる頻度が多くなってしまったとのことでした。
少しでも身体を動かして血流を意識されると良いとお伝えしました。

2ヶ月目に入って急激な改善が見られた方になります。
体質改善も兼ねている方は多少のお時間がかかる場合もございますが、再発を抑えていく意味では効果的です。
この調子で痛みのない日が増えていくとなによりですね。