昭和27年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
10年前に転倒して顔面を強打してから、時々患部に痛みが走るようになったので病院に行った所「三叉神経痛」と診断。
長く病院のお薬を飲んでいましたが、最近になって強い痛みが出てくるようになったので太陽堂にご相談に来られました。

痛みの部位は「左ほほ・鼻の横」に強い症状が出てくるとのこと。
「洗顔のシャワーやお化粧時」の他に「天気やお食事」によっても痛みが出てくるとのことでした。
 
漢方の種類としては
 
①血流を整える漢方薬
②知覚神経の痛みを改善する漢方薬
 
の2種類を煎じと粉で出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、若干だが痛みの頻度が減っているとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、痛みが起こらない日が増えているとのこと。
洗顔や化粧時にも痛みがない日がああるとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、痛みがさらになくなってきたとのこと。
自己判断で中止した時期があり調子が悪くなったので、今はしっかり服用して落ち着いているとのことでした。

漢方服用開始から8ヶ月、痛みはひどくならずに落ち着いている日が多いとのことでした。

漢方服用開始から10ヶ月、痛みの強さとして10→2~3程度になっているとのこと。
痛みを忘れる日も出てきているとのことでした。

波はありますが徐々に改善が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で、痛みの頻度が少なくなっていくとなによりですね。