昭和35年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
2年前に突如痛みが発現、病院で検査を受けた所「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
病院のお薬(テグレトール)で様子を見ていたが痛みが大きくなってきたので、漢方薬で改善出来ればと太陽堂にご相談に来られました。

痛みの部位は「右顔面の頭部から目、鼻にかけて」痛みが走るとのこと。
チクチクした刺すような痛みが「髭剃りや洗顔、洗髪時」に出てくるとのことでした。
 
漢方の種類としては
 
①痛みを鎮めて血流や体質を整える漢方薬

を煎じ、粉、丸剤の形で出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みの起きる頻度が驚くほど減っているとのこと。
痛みの強さも10→2~3ぐらいになっているとのことでした。

漢方服用開始から2ヶ月、時々痛みが出たが、強さとしては10→2~3程度とのこと。
調子良く過ごせているとのことでした。

漢方服用開始から4ヶ月、痛みは10→2~3で落ち着いているとのことでした。

漢方服用開始から6ヶ月、コロナの影響もあって痛みが強くでた時があったとのこと。
全く身体を動かさない日もあったので軽い運動をするようにしているとのことでした。

漢方服用開始から7ヶ月、以前に比べて痛みは落ち着いてきているとのこと。
痛みの強さとして10→3~4になっているとのことでした。

漢方服用開始から11ヶ月、痛みはさらに落ち着いて強さとして10→2程度とのことでした。

漢方服用開始から1年、前月と同じ程度に痛みは落ち着いているとのこと。
今回より体質改善の漢方薬も加えて様子を見ることになりました。

漢方服用開始から1年2ヶ月、血圧やお通じが良くなっているとのこと。
痛みも前回同様に落ち着いているとのことでした。

早期に大幅な改善が見られたようでとても嬉しく思います。
この調子で体質も良い方向に変わっていくとなによりですね。