昭和29年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
10年前に突然痛みが出始め、病院で診察を受けた所「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
病院のお薬や手術、鍼灸などで治療をしたが改善がみられなかったので、太陽堂にご相談に来られました。
 
痛みの部位は「左上の奥歯」周辺とのこと。
針で刺すような痛みが1日8~9回ほど「食事時」「会話時」にあるとのことでした。
 
漢方の種類としては
 
①血管の炎症を鎮める漢方薬
②知覚神経の痛みを改善する漢方薬
 
の2種類を煎じと粉で出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みの強さが10→6~7程度になっているとのこと。
痛みが出てくる頻度も減っているとのことでした。

漢方服用開始から2ヶ月、痛みがだいぶ改善されて10→3とのこと。
体調も良く過ごしているとのことでした。

漢方服用開始から4ヶ月、痛みを感じない日が出てきているとのことでした。

漢方服用開始から7ヶ月、何も痛みを感じない日が多くなってきたとのこと。
三叉神経痛を忘れるぐらいになってきたとのことでした。

漢方服用開始から10ヶ月、症状が出てくることもなく過ごせているとのこと。
調子も良いので漢方薬の量を減らして様子を見ることになりました。

漢方服用開始から1年、漢方量を減らしても痛みはほとんどないとのことでした。

体調も含めて徐々に改善が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みのない日々を送れるとなによりですね。