昭和29年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
1年前に突然顔の痛みが出始め、病院に行った所「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
病院の薬で1度は治まったのだが段々治まりが悪くなってきた為、漢方薬で改善出来ればと太陽堂にご相談に来られました。
 
特に発症の原因は思い当たらず、痛みの部位は「顔の左半分」とのこと。
「食事時」「洗顔時」「睡眠時」にも痛みが出てくるとのことでした。
 
漢方の種類としては
 
①血管の炎症を鎮める漢方薬
②知覚神経の痛みを発散させる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、服用して2週間経ったあたりから痛みが出なくなってきたとのこと。
食事や洗顔をしても大丈夫とのことでした。

漢方服用開始から2ヶ月、痛みが全くといっていいほど出ていないとのこと。
睡眠も問題なく取れているとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、今回も痛みは全くなく過ごせているとのことでした。

漢方服用開始から6ヶ月、一度痛みのようなものがあったが、他は全くなかったとのこと。
身体の調子も良いとのことでした。

漢方服用開始から8ヶ月、痛みは1~2回あったが弱く、すぐに治まったとのこと。

漢方服用開始から11ヶ月、痛みが全くない状態が続いているとのこと。
三叉神経痛を忘れる時間も増えて嬉しいとのことでした。

痛みの鎮静が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みが治まっていくとなによりですね。