昭和41年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
20年ほど前に顔に痛みが出た為病院に行った所、三叉神経痛(さんさしんけいつう)と診断。
10年前位にブロック注射、病院のお薬(テグレトール)を使ったが改善が見られないのでこちらにご相談に来られました。
 
痛みとしては右あご~口が痛いとのこと。
特に生理前後に痛みが強く、痛みで眠れない日もあるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
①血管の炎症を鎮める漢方薬
②発散作用のある漢方薬
③知覚神経とホルモンを整える煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、最初の痛みが10だとすると6か7くらいまで減ったとのこと。
眠れる日も少しずつ増えてきたとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、生理前後は痛む事が多いが、痛みで眠れない日はほとんどなくなったとのこと。
また痛みの強さも和らぎ、刺すような痛みもないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、生理前後に酷くなる痛みもなくなったとのこと。
痛みはあるが激痛はほとんどなくなったとのことでした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、痛み止めを使わずに痛みなく過ごせているとのこと。
前は生理周期も関係していたが、生理の時も楽に過ごせているとのことでした。
 
漢方服用開始から10ヶ月、痛みが出る日はほとんどなくなったとのこと。
今回から漢方薬を減量してお渡ししました。

漢方服用開始から1年、季節の変わり目で少し痛みが出たが調子は良いとのこと。

漢方服用開始から1年2ヶ月、漢方薬を減量してしばらく経つが痛みはあまり出ていないとのこと。
以前あった違和感も少なくなってきているとのことでした。

漢方服用開始から1年3ヶ月、寒くなってきたが痛みは治まっているとのことでした。
 
波はありますが全体的に症状が治まっているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みのない日が増えていくとなによりですね。