昭和15年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
5年前に顔の左側に帯状疱疹を発症、早期治療によって完治していたとのこと。
最近になって再び痛みが出てきたが病院の検査では、今回は「三叉神経痛」との診断。
病院のお薬(テグレトール、リリカなど)を飲んでいたが効かなくなってきたため、太陽堂にご相談に来られました。
 
痛みの部位は「右側の頬から歯茎」周辺とのこと。(帯状疱疹後の左側はほとんど痛まない)
時間が経つにつれて1ヶ月に1回、2週間に1回、2~3日に1回と
「痛みの頻度が上がっている」とのことでした。
 
漢方の種類は
 
①血管の炎症を改善する煎じ薬
②痛みを鎮める粉薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痛みの強さが10→5程度になっているとのこと。
発作の頻度も減って忘れている時もあるとのことでした。

漢方服用開始から4ヶ月、痛みがさらに減って10→3~4程度で過ごせているとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、痛みはだいぶ落ち着いてきているとのこと。
今回から漢方を少し減量して様子を見ることになりました。

漢方服用開始から7ヶ月、漢方量を減らしても痛みがぶり返すことはなかったとのこと。
寒くなってきたが以前よりもつらくはないとのことでした。

漢方服用から改善が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みの頻度が減っていくと良いですね。