昭和17年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」の方になります。
 
5年ほど前に突然顔に痛みが出たので病院に行った所「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」と診断。
最近になって痛みが出るようになってきたので、漢方薬で改善出来ればとこちらにご相談に来られました。
 
痛みとしては左頬に「電気が走るような痛み」が出ているとの事。
毎日痛みが出るわけではないが、痛い時は「髪の毛」「眉毛」に触れても痛みが出るとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
①血管の炎症を鎮める漢方薬
②知覚神経の痛みを改善する煎じ薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、まだ痛みが出る時はあるが、最初の痛みの半分くらいまで減ってきているとの事。
「電気が走るような痛み」はほとんど出ていないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、最初の痛みの1/5くらいまで減っている。
痛みが出たのは今回1回のみとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、今まではお薬(テグレトール)も併用していたが、お薬なしでも痛みが少なく過ごせているとの事。
調子良く過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、寒くなっても痛みは出ていないとの事。
痛み止めを使う事もなく元気に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、痛みの調子も良いとの事で「知覚神経の痛みを改善する煎じ薬」を減量させて頂きました。
痛みもほとんどなく過ごせているとの事。

漢方服用開始から1年、漢方薬を減量してからも痛みはなく過ごせているとの事。
病院の薬も特に飲む事なく過ごせているとの事でした。

漢方服用開始から1年2ヶ月、痛みなく過ごせているとの事。
お身体の調子も良く風邪もひいていないとの事でした。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みのない日々が続くとなによりですね。