昭和14年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「手根管症候群」の方になります。
 
3年ほど前から右手に痛みが続いており、病院で検査をした所「手根管症候群」と診断。
痛み止めやシップを使ってたが痛みが治まらないので、漢方薬で改善出来ればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「右手首より先の痛み」が気になるとのこと。
痛みは「夜~朝方」にかけて強く、仕事でも右手を使うので1日中痛みが起きているとのことでした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①痺れや痛みを取る漢方薬
②血流を整える漢方薬
 
の2種類を粉薬で出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、痛みが10→3~4ぐらいまで減ったとのこと。
1日を通しても痛みの頻度が減っているとのでした。

漢方服用開始から2ヶ月、痺れのような感覚があるが痛みは落ち着いているとのこと。
時々痛かった足の痛みもなくなってきているとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、まだ痛みは残っているが当初よりは落ち着いているとのこと。
足の状態も良いとのことでした。

長く苦しまれていた痛みが改善されて安心いたしました。
この調子でさらに痛みが取れていくと良いですね。