昭和15年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「肩から手先への痛みと痺れ」の方になります。
 
4ヶ月ほど前から右肩から右手先にかけての痛みと痺れが止まらないとの事。
整骨院や針灸でも治療したが治らないとの事でこちらに相談に来られました。
 
漢方の種類としては、
 
①知覚神経の調節をする粉薬
②発散作用のある粉薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、少し良くなっている感じはあるとの事。
大きな違いはないが変化が見られてきているとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、痛みも痺れも全くなくなったとの事。
改善が見られ安心したとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、分量を落としても痛みに変化なかったとの事で今回で治療終了とさせて頂きました。
 
痛みや痺れ共に改善が見られ安心いたしました。
痺れを伴う場合は「知覚神経の調節をする事」で改善が見られる場合も多いです。
引き続きこの調子で痺れ・痛み共に出る事なく過ごせると何よりですね。