昭和2年生、男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「後縦靭帯骨化症(OPLL)」の方になります。
 
病院に行った所、後縦靭帯骨化症と診断。
場所としては「頚椎4番が骨化している」との事でこちらに相談に来られました。

症状としては昨年から「腕と手の痺れ」「両肩の痛み」が辛くなっているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①骨化周辺の筋肉に効く漢方薬を2種類
②知覚神経を調節してくれる漢方薬を1種類
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、両肩の痛みは軽くなったとの事。
両手の痺れはまだあり、物を持つと特に酷くなるとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、両腕の痺れも改善してきているとの事。
体調も良いとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、腕・手・肩の症状はほとんど出ていないとの事。
気になるとすれば、両手親指の付け根の違和感ぐらいとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2年、指の調子も良く改善が見られているとの事でした。
腕・手・肩の調子も良いとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
改善が見られているので漢方薬の分量を減らし治療終了とさせて頂きました。