昭和8年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「線維筋痛症」の方になります。

1年前から徐々に痛みが出るようになり病院で診察を受けたところ、検査結果の数値から「関節リウマチ」と診断。
しかしリウマチが起こりにくい部位にも痛みが生じているため、再度診断を受けた結果「線維筋痛症」も発症しているとのこと。
病院のお薬を続けていたが痛みが強くなってきたので、漢方薬で改善できればと太陽堂にご相談に来られました。

痛みの症状は「足の甲や裏、指先、ふともも、ふくらはぎ」にあり、調子が悪い日は突っ張る感じも出てあちこちに移動するとのことでした。

漢方薬として

①痛みや炎症を鎮める漢方薬
②体内の血や水の巡りを整える漢方薬

の2種類を出させて頂きました。

漢方服用開始から2ヶ月、痛みが以前よりも減ってきたとのこと。

漢方服用開始から4ヶ月、痛みの移動が少なくなり、前よりも歩ける時間が増えたとのことでした。

漢方服用開始から9ヶ月、突っ張る感じはあるが痛みはなくなっているとのこと。
当初よりだいぶ楽になっているとのことでした。

徐々に痛みに改善が見られて安心しました。
この調子で痛みの少ない日々を過ごしていけるとなによりですね。