昭和2年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。
 
腹部の皮膚の部分に痛みを感じ病院に行った所、帯状疱疹と診断。
その後「帯状疱疹後神経痛」が出た為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「激しい痛み」「ピリピリしている痛み」があるとの事。
痛い時は腹部から手を離せないとの事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①痛みを取る漢方薬
②ウイルスを除去する漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、まだ痛みがきつい時もあるが、少しずつ腹部から手を離せてきているとの事。
痛みが軽減してきているとの事でした。
 
漢方服用開始から2ヶ月、10あった痛みが8くらいまで落ちてきているとの事。
まだ痛みはあるが徐々に改善しているとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、まだ痛みは続いているが、前より痛みは落ち着いてきているとの事。
周りから見ても楽になっているのがわかる位との事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、腹部に手を当てている事はほとんどなくなったとの事。
「ウイルスを除去する漢方薬」を半分の量まで落としました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、痛みも少なく調子は悪くないとの事。
大分良くなっているとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、大分痛みも少なくなってきているので「痛みを取る漢方薬」を半分の量まで落としました。
量を落としても痛みは増えることなく過ごせているとの事。
 
漢方服用開始から10ヶ月、大分痛みが治まったため、ご本人の希望により治療終了。
順調に良くなっているとの事でした。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子が続くと何よりですね。