昭和25年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。
 
約1年前に痒みを感じるようになり、しばらくすると湿疹が出たので病院を受診した所「帯状疱疹」と診断。
その後湿疹が消えたものの痛みが残ってしまったとのこと。
病院のお薬(リリカなど)を長く飲んでいたがフラつきなどの副作用が出てしまったため、漢方薬で改善出来ればとご相談に来られました。
 
症状としては「左肩から首の後ろ」にかけて痛み、痺れ、違和感があるとのこと。
他にも「めまい」「頭がボーっとする」時があるとのことでした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①血流を整えて痛みを鎮める煎じ薬
②自律神経を整える粉薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みが若干治まっているとのこと。
強さとしては10→7~8ぐらいとのことでした。

漢方服用開始から2ヶ月、さらに痛みや痺れに鎮静が見られたとのこと。
強さとしては10→5ぐらいになっているとのことでした。

漢方服用開始から3ヶ月、痛みのない日が増えてきているとのこと。
気持ちもだいぶ楽になっているとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、痛みが10→2~3程度に治まっているとのこと。
当初に比べてだいぶ楽に過ごせているとのことでした。

徐々にですが痛みに改善が見られて安心しました。
ずっとこの痛みに悩まされるのかと不安に思っていたので気持ちが楽になったとおっしゃっていました。
引き続きこの調子で痛みが治まっていくとなによりですね。