昭和31年生 男性

おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。

2年前に「帯状疱疹」を発症、病院のお薬を飲みながら経過観察で様子を見ていたとのこと。
最近になって痛みが出てくるようになったので、漢方薬で改善すればと太陽堂にご相談に来られました。

痛みの部位は「右わき腹」を中心にピリピリした感覚が続いているとのこと。
他にも「耳鳴り」が出るようになったとのことでした。

漢方の種類としては

①知覚神経の痛みを鎮めて体質を改善する漢方薬
②神経痛を抑える漢方薬

の2種類を煎じ、粉、丸剤で出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、痛みが以前よりも弱くなっているとのこと

漢方服用開始から3ヶ月、耳鳴がなくなってきているとのこと
痛みも落ち着いてきているとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、腹部の痛みがさらに落ち着いてきているとのことでした。

漢方服用開始から9ヶ月、天気が悪いと乱れることもあるが、痛みは強くないとのことでした。

漢方服用開始から1年、寒い日が続いているが痛みがひどくなりはしないとのこと。
体調を崩したりもないとのことでした。

漢方服用開始から1年6ヶ月、激しい動きをしなければ痛みは落ち着いているとのことでした。

漢方服用開始から1年8ヶ月、痛みもなく過ごせているとのこと。
今回から漢方量を減らして様子を見ることになりました。

span style=”color: #ff0000;”>漢方服用開始から1年10ヶ月、漢方を減量してからも痛みは落ち着いていいるとのことでした。

徐々に改善が見られたようで安心しました。
この調子でさらに痛みが無くなっていくとなによりですね。