昭和26年生 男性

おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。

5年前に皮膚の違和感と痛みが起こり、病院へ行った所「帯状疱疹」と診断。
鍼灸や病院のお薬(リリカなど)を長く続けていたが痛みが取れないので、漢方薬で改善出来ればと太陽堂にご相談に来られました。

痛みの部位は「右頬から側頭部」にかけてあるとのこと。
症状は「明け方」に強く、痛みで目が覚めたりするとのことでした。

漢方薬の種類は

①知覚神経の痛みを鎮める煎じ薬
②神経痛に作用する粉薬と丸剤

を組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、痛みはまだあるが減ってきているとのこと。

漢方服用開始から2ヶ月、先月より大幅に減って、痛みの強さとして10→5程度になっているとのこと。
だいぶ楽になったとのことでした。

徐々にですが痛みに良い変化が見られたようで安心しました。
この調子でさらに痛みが収まるとなによりですね。