昭和34年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。

2年前にピリピリとした痛みが出たため、病院へ行った所「帯状疱疹」と診断され入院。
神経ブロックや病院のお薬(リリカなど)で少し痛みが改善したが、漢方薬でもっと痛みが取れればと太陽堂にご相談に来られました。

痛みの部位は「右わき腹から背中」にかけてあるとのこと。
症状は「朝起きた時」に強く、時々痒みもあるとのことでした。

漢方薬の種類は

①痛みを鎮める漢方薬
②自律神経を調節する漢方薬

を煎じと粉で組み合わせて出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、痒みはあるが痛みは少し取れてきたとのこと。

漢方服用開始から2ヶ月、痛みは10→7程度に減ってきているとのこと、
痛みが出てくる頻度も減ってきているとのことでした。

漢方服用開始から4ヶ月、痛みが気にならない時間が増えてきたとのこと。
漢方薬が効いているのを実感しているとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、前回よりも痛みの出てくる時間が減っているとのこと。
寒くなってきたが調子は良いとのことでした。

漢方服用開始から7ヶ月、症状が落ち着いてきていて、痛みの気になる時間も減ってきたとのことでした。

徐々にですが鎮静が見られて安心しました。
この調子でさらに痛みが治まるとなによりですね。