昭和16年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「帯状疱疹後神経痛」の方になります。

1年前に、痛みの後に発疹が出てきたため病院に行った所「帯状疱疹」と診断。
病院のお薬(タリージェなど)を飲んでいたが痛みが続いているため、少しでも改善出来ればとこちらにご相談に来られました。

症状は「右胸から脇にかけて」痛みがあるとのこと。
class=”orange b”>「針を刺すような痛み」があり、「右手を伸ばすと筋に痛みが走る」とのことでした。

漢方薬の種類としては、

①痛みを鎮める漢方薬
②自律神経を整える漢方薬

の2種類を出させて頂きました。

漢方服用開始から2ヶ月、針を刺すような痛みが減ってきているとのこと。
以前よりも楽になっているとのことでした。

漢方服用開始から5ヶ月、痛みの強さが半分ぐらいに減ったとのこと。

漢方服用開始から9ヶ月、痛みの強さは10→3~4程度とのこと。
長く続いた痛みが減って嬉しいとのことでした。

徐々に改善が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で痛みが治まっていくとなによりですね。