昭和13年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは帯状疱疹後神経痛の方になります。
 
2年ほど前に「左顔面」と「目の周囲」に痒みがあるので病院に行った所、帯状疱疹と診断。

その後「帯状疱疹後神経痛」が左顔面に残り、鎮痛剤でしのいできたそうです。

長年鎮痛剤を使った為、副作用による胃腸障害が出てこちらに相談に来られました。

「帯状疱疹後神経痛」による不安もある為、血圧の変動もすごいとおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類としては、
 
①痛みを取る漢方薬
②自律神経を調節する漢方薬
③ウイルスを除去する漢方薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
  
漢方服用開始から2ヶ月、痛みが出ない日が出てきているとの事。
良くなっていると思うとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、完全に痛みは消え体調も良いとおっしゃって頂けました。
血圧の変動もなくなったそうです。

自律神経を調節する漢方薬も使った為、血圧も安定してストレスの部分もカバー出来たのだと思います。
引き続きこの調子で痛みが出る事なく過ごせると良いですね。