昭和39年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、坐骨神経痛・変形性股関節症の方になります。
 
右の臀部(でんぶ)が痛くなり病院に行った所、異常なし。
電気治療と腰の牽引を数回やったが痛みが引く所か痛みが増してきた為、こちらにご相談に来られました。
 
元々腰痛もちで「右の股関節」も痛めた事があるとの事。
最近では臀部(でんぶ)と腰ともに痛くなり「歩くのも辛くなっている」との事でした。
  
漢方の種類としては、
 
①炎症を取る漢方薬
②痛みを発散させる漢方薬
  
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛む部分が徐々に下がってきているとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、臀部(でんぶ)の痛み・腰の痛みともに良くなっているとの事。
腰の痛みが良くなっている為か股関節が気になっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、股関節も改善されるように組み直した所、調子が良いとの事。
臀部・腰・股関節全ての痛みが改善しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、痛みも出る事がなくなったのでここで治療終了。
痛みがないとおっしゃって頂けました。
 
痛みがなくなり調子が良くなったようで安心致しました。
一度どこかを痛めると、かばおうとして他の部分を痛めてしまう事はよくあります。
今回の患者さんは元々の痛みが「股関節」からきていたのかもしれませんね…