昭和20年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、慢性腰痛・坐骨神経痛の方になります。
 
15年ほど前より腰痛や坐骨神経痛に悩まされていたそうです。
2年程前より「臀部が激しく痛み」「座るのも辛い」との事でご相談に来られました。
 
普通の坐骨神経痛とは違う痛みを訴えられていた為、確認をした所以前に「脳梗塞」になった事があるとの事。
 
坐骨神経痛以外にも「脳梗塞」が関係していると考え漢方の種類としては、
 
①動脈硬化を改善する漢方薬
②動脈硬化を改善する錠剤
③痛みを取る漢方薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、痛みが取れ楽になっているとの事。
座れるようになっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、痛みがなくなったとの事。
ご本人の希望によりここで治療終了。
  
本当であればもう少し治療をした方が良かったのですが改善も見られ安心致しました。
今回の痛みの原因としては「脳梗塞」による「知覚神経障害」が関係していると思われます。
 
最近多くなっている慢性腰痛は「知覚神経障害」も関係してくる疾患です。
引き続きこの調子で痛みが出る事なく過ごせると良いですね。