昭和39年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、慢性腰痛・坐骨神経痛の方になります。
 
1年ほど前にギックリ腰をした事がきっかけで腰痛が出てしまったとの事。
最近は坐骨神経痛も出始めているとの事でご相談に来られました。
 
症状としては「右足の痛み・痺れ」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①痛みを取る漢方薬
②炎症を取る漢方薬
③知覚神経を整える漢方薬
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、痛みも痺れも楽になっているとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、痛みも痺れもなくなったとの事。
大分楽になったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、痛みもなくなった為、治療終了。
   
今回の患者さんは痛みの部分で「知覚神経(自律神経の乱れ)」が関係していました。
骨だけではなく、知覚神経からくる腰痛も多くなっています。
 
引き続き痛みが出る事なく過ごせると何よりですね。