昭和30年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「腰からくる足の痛み(坐骨神経痛)」の方になります。
 
神経痛が出るようになり改善が見られればとご相談に来られました。
 
最初の症状としては「左腰の骨盤の後ろ」から痛みが酷くなり、「左の足膝」まで広がっているそうです。
天気の悪い日は痛みで動けなくなり、靴下を履くのも辛いとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①骨を丈夫にする漢方薬
②痛みを取る漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、歩行や階段の昇り降りは普通に出来るようになってきたとの事。
少しずつ変化が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、早歩きや小走りも出来るようになってきたとの事。
痛みが少なくなっているとの事で喜ばれていました。
 
漢方服用開始から1年、改善が見られてきているので、痛みを取る煎じ薬に変えて治療終了に向けて体質改善をしていく事に。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、ある程度筋力をつけられるまで回復しているとの事。
順調に改善していました。
 
漢方服用開始から1年9ヶ月、少し無理しても痛みも出なくなっているとの事で今回で治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で体調が悪くなる事なく過ごせると何よりですね。