昭和21年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「腰部脊柱管狭窄症」でご相談に来られた方になります。
 
何年か前に腰の痛みを感じ病院に行った所、「腰部脊柱管狭窄症」と診断。
腰椎5番が狭窄していて神経ブロック注射や痛み止め(セレコックス)などを試しているが、改善が見られない為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては腰から足にかけて痛みが強いとの事。
痛みとしては動いている時座っている時どちらも痛みがあるとの事でした。
 
漢方の種類としては
 
骨を丈夫にする煎じ薬
痛みを取る煎じ薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、まだ痛みはあるが、痛み止めの回数が2回から1回に減ったとの事。
 
漢方服用開始から2ヶ月、漢方薬を飲み始める前の痛みから半分くらいまで痛みは減り、調子は良いとの事。
痛み止めもたまに飲まない日が出てきたとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、痛みが出ない事はないが楽な日は増えているとの事。
痛み止めを飲む回数も最初に比べるとどんどん減ってきているとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、痛み止めもほとんど飲まずに過ごせているとの事。
痛みはあるが、前より大分軽くなってきているとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、寒くなってきたが、痛みもなく痛み止めも飲まずに過ごせているとの事。
痛みもなく順調に改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、痛みも全くなくなり調子が良いとの事で、ご本人の希望により治療終了。
痛みもないので体調良く過ごせているとの事でした。
 
調子良く過ごせているようで安心いたしました。
この調子で引き続き痛みなく過ごせると何よりですね。