昭和17年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「腰部脊柱管狭窄症」でご相談に来られた方になります。
 
何年か前に腰の痛みを感じ病院に行った所、「腰部脊柱管狭窄症」と診断。
症状が気になるようになってきた為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては腰から足にかけての痛みや痺れがあるとの事。
特に動き出しの時の痛みや痺れが酷いとの事でした。
 
漢方の種類としては
 
①骨の代謝を上げる漢方薬
②痛みを取る漢方薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、動きもスムーズになり動かしやすくなっているとの事。
痛みや痺れも軽減しているとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、腰の痛みも改善して身体が動かしやすくなっているとの事。
体調自体も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、痺れ・痛みともに改善して動きも良くなっているとの事。
身体の動きも楽になっているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、痛みなく立てるようになっているとの事。
前は立つ時も一苦労だったとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、痛みも改善していて普通に歩けるようになってきているとの事。
調子も良く元気に過ごせているとの事でした。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。