昭和4年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「腰部脊柱管狭窄症」の方になります。
 
6年前から諸所に痛みが強くなり病院に行った所、「脊柱管狭窄症」と診断。
病院のお薬(リリカなど)で様子を見ていたが痛みが強くなってきたため、こちらにご相談に来られました。
 
症状は「腰から足にかけての痛みと痺れ」があるとのこと。
両足が交互に痛くなることが多く、短い距離しか歩けないとのことでした。
 
漢方の種類は
 
①骨の痛みを鎮める漢方薬
②ミネラルを補う漢方薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みが治まってきているとのことでした。

漢方服用開始から4ヶ月、少しずつ歩ける距離が長くなっているとのこと。
痛みも静まっているとのことでした。

漢方服用開始から9ヶ月、痛みを忘れる時間が増えているとのことでした。
 
徐々に痛みに鎮静が見られて安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られるとなによりですね。