昭和25年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは腰部脊柱管狭窄症でご相談に来られた方になります。
 
何年か前より臀部に違和感が出ていた為病院に行った所、「腰部脊柱管狭窄症」と診断。
神経ブロック注射や電気などの治療をしたが改善が見られない為、こちらに相談に来られました。
 
症状としては「臀部の違和感」「足裏の違和感」が常にあり気になるとの事。
 
痛みとしては動いている時座っている時どちらも痛みがあるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては
 
骨を丈夫にする煎じ薬
痛みを取る煎じ薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、臀部の違和感はなくなってきているとの事。
足裏の違和感はまだ変わらないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、動く時はコルセットをしているが、基本的には調子が良いとの事。
たまに痛みが出るくらいとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年、多少無理をしても痛みが出ていないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、ほとんど痛みが出る事がなくなったので今回で治療終了。
 
最初は動くのもお辛そうでしたが、早期で改善が見られた患者さんになります。
引き続き「ミネラル」を多く摂り無理な動きには気を付けて下さいとお伝えして治療終了とさせて頂きました。