昭和27年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「坐骨神経痛」の方になります。
 
相談にくる2~3年前より左肩から左足の横(ふくらはぎ)に痛みが出て、長時間歩いていると腰痛が酷くなり坐骨神経の痛みが出てくるとの事でご相談に来られました。
 
整形外科にかかった所、第3~4腰椎の軟骨が2箇所程、すり減っているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①骨を修復する作用のある煎じ薬
②ミネラル製剤と骨の代謝を高める粉薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、長く歩くと調子が悪いがそれ以外は痛みを感じないとの事。
 
漢方服用開始から3ヶ月、大分調子が良く歩くのも辛くないとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、半年ほど痛みが出る事なく過ごせていましたので治療を終了としました。
 
坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアに漢方薬を出させて頂いている時、痛みが降りてくるという方が多いです。(なんでかはわかりません。)
腰からふくらはぎ、最後は足に抜けて良くなっていくという形ですね。
今回の患者さんも同じように最後は足先から痛みが抜けていきました。