昭和34年生 女性

おはようございます。
今日の患者さんは「薬物乱用性頭痛」の方になります。
 
30年以上前から頭痛に悩み、痛い時に頭痛薬を飲んでいたとの事。
1年前に「MRI」を撮ったが異状なし、頭痛に改善が見られればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「首筋から後頭部」にかけて痛み、一日中続いているとの事。
最近は病院の頭痛薬を服用しても効かなくなっているとの事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①ストレスを改善する漢方薬(自律神経の乱れを改善する漢方薬)
②炎症を取る漢方薬
 
の2種類の漢方薬を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痛みはあるが、痛む度合いが少なくなっているとの事。
少しずつ改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から2ヶ月、頭痛薬が朝1回まで減り、今までの半分で良くなっているとの事。
この何年間減ったことがなかったのでホッとしているとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、頭痛薬を1度も飲まない日があったとの事。
全体的に痛み止めの量は減り楽になってきているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、引き続き頭痛薬の量は減った状態を維持できているとの事。
症状も少なく調子は良いとの事でした。
 
順調に改善が見られ安心いたしました
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。