坐骨神経痛の痛みを漢方で改善していきましょう。

 
「坐骨神経痛」は、三大神経痛の1つと言われています。(後の2つは「三叉神経痛」・「肋間神経痛」)
 
非常に症状が強く、「痛み」「痺れ」に悩まれている方が多いです。
 
坐骨神経痛は再発しやすく、治りずらい症状になっています。
 
その辛い痛みに漢方薬を試してみましょう。
 

 

坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されます。
 
その事で現れる、「痛み」「痺れ」などの症状のことを指します。
 
「痛み」「痺れ」は非常にきつく「歩行障害を伴う」こともあります。
 

坐骨神経痛の症状

 
代表的な症状としては、
 
・お尻から足にかけての痺れや痛み(お尻、太もも、すね、ふくらはぎ)
 
・ふくらはぎの張りや違和感など(筋肉の障害や違和感)
 
の2つの症状があります。
 
また「安静時」には楽ですが、「動きだす」と痛みや痺れが出てきてしまう「間欠跛行(かんけつはこう)」という症状も出やすい神経痛です。
 
細かい症状だと、
 
・座っていると足が痺れてきて立ち上がりの動作がきつい。
 
・足に力が入りずらい
 
・足が激しく痛み、歩きずらい
 
などの腰というより「お尻から下」「足の症状が辛い」という方が多いです。
 

私自身も坐骨神経痛に苦労しました…

重い物を持った時に腰から足に痛みが走り、病院に行った所「腰椎椎間板ヘルニア」と診断。
 
その後、「坐骨神経痛」と思われる「安静時」には楽ですが、「動きだす」と痛みや痺れが出てきてしまう「間欠跛行(かんけつはこう)」に苦労しました。
 
非常に辛く、休んでは歩き・休んでは歩きを繰り返しながら仕事に行っていたのを思い出します。(笑)
 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は「病名」ではなく「症状」になります。
 
原因となる病名や疾患としては「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」などが原因となる事が多いです。
 
詳しい説明は「腰部脊柱管狭窄症」「腰椎椎間板ヘルニア」のページをご覧になって見て下さいね。
 
腰部脊柱管狭窄症
 
腰椎椎間板ヘルニア
 
梨状筋症候群

また腰以外の原因となる
 
・筋肉の損傷や緊張・腫瘍
・血流の滞り
・精神的原因からくる心因性
 
など原因が不明なものも多いです。
 

坐骨神経痛の漢方薬

漢方薬は「症状」「原因」に合わせて飲んでいく事が大事になってきます。
 
また「年齢」などよっても漢方薬の種類は変わり、様々になってきます。
 

ご高齢の場合

骨を修復していく事が大事になってきます。
 
特に「動いていると足が痺れる」、「長い間立っていられない」などの症状が出てくる方が多いです。
 
骨を修復する漢方薬
代謝を上げる漢方薬
ミネラルを補給できる漢方薬
 
使っていく漢方薬は色々あり、その方にあった漢方薬を出させて頂いています。
 

骨の修復以外の場合

痛みを取る漢方薬を中心に使っていきます。
 
骨自体はそんなに損傷していないですが「炎症」が起きている事が多いです。
 
「お尻から下」「足の症状」が辛い→下半身の炎症を取る漢方薬
 
「腰付近」が辛い→腰付近の炎症を取る漢方薬
 
場所によって使う漢方薬が違ってきます。
 
また痛みを散らすという事もあり「発散する漢方薬」も併用する事が多いです。
 
原因の所にも書きましたが、他にも原因は色々あります。(血流や精神的要因)
 
その方の「原因」「症状」「年齢」に合った漢方薬を服用してくださいね。
 
 

坐骨神経痛の症例

症例(昭和27年生、女性)

相談にくる2~3年前より左肩から左足の横(ふくらはぎ)に痛みが出て、長時間歩いていると腰痛が酷くなり坐骨神経の痛みが出てくるとの事でご相談に来られました。
 
整形外科にかかった所、第3~4腰椎の軟骨が2箇所程、すり減っているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①骨を修復する作用のある煎じ薬
②ミネラル製剤と骨の代謝を高める粉薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方治療開始から1ヶ月、長く歩くと調子が悪いがそれ以外は痛みを感じないとの事。
 
漢方治療開始から3ヶ月、大分調子が良く歩くのも辛くないとおっしゃっていました。
 
漢方治療開始から1年6ヶ月、半年ほど痛みが出る事なく過ごせていましたので治療を終了としました。
 
坐骨神経痛や腰椎椎間板ヘルニアに漢方薬を出させて頂いている時、痛みが降りてくるという方が多いです。(なんでかはわかりません。)
腰からふくらはぎ、最後は足に抜けて良くなっていくという形ですね。
今回の患者さんも同じように最後は足先から痛みが抜けていきました。
 

症例(昭和33年生 男性)

何年か前より「腰痛」や「足の痛み」に悩んでいた方になります。
 
最近になり、急に症状が悪化してきた為病院に行った所「腰椎椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」と診断。
 
病院のお薬では治らず、最近は痛みで眠れない日もあるので心配になりご相談に来られました。
 
症状としては特に左側に痛みがあり「左臀部」「左太腿」「左ふくらはぎ」が痛むとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①足の痛みを取る煎じ薬
②腰の痛みを取る煎じ薬
③骨を丈夫にする粉薬
 
①と②を組み合わせた煎じ薬と③の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、痛みがほとんどなくなり煎じ薬を半分の量まで減量出来ました。
「太腿」と「ふくらはぎ」の痛みがまだ少しあるとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、「太腿」と「ふくらはぎ」の痛みもなくなり煎じ薬の分量を1/3まで減量出来ました。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、痛みも全くなくなったとの事で治療終了とさせて頂きました。
 
痛みが完全になくなったとの事でこちらも安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。
 

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 腰の痛み(腰痛)