舌咽神経痛の痛みに漢方薬を。

 
刺すような痛みがする…
 
一度治ったけど再発して…
 
ご飯が上手く食べれない…
 
「舌咽神経痛」ですが、非常に痛みが強くご飯も食べれない・喋れないなどで苦しまれている方も多いです。
 
「薬の服用」などで改善が見られない方は多いのではないでしょうか?
 
「痛みの軽減・再発防止を同時にやっていきましょう。」
 

 

舌咽神経痛とは

舌咽神経は脳神経の1つになり「知覚」「運動」「分泌」を受けもつ混合神経です。
 
「舌の後部、3分の1」「咽頭筋の運動」を支配しています。
 
関係ある働きとしては、
 
①味覚と知覚(痛覚・触覚・温度覚)
②心臓の働きの抑制、血管の拡張
③唾液の分泌
 
などが「舌咽神経」が関係してきます。
 
この舌咽神経に障害が出て痛みなどの諸症状が出るのが「舌咽神経痛」です。
 
10万人あたり0.2~0.7人と稀な疾患で、年齢的には「50歳前後」・性別では「女性の方が男性より1.5~2倍多い」と言われています。
 

舌咽神経痛の症状

顔に出る突発的な痛みの病気になります。
 
1回の痛む時間としては数秒程度の短時間ですが、
 
・刺すような
・電気が走るような
 
などと言った表現が使われるくらい非常に強い痛みになっています。
 
この痛みは「三叉神経痛」と似ている為、「三叉神経痛」と間違われる事も多いです。
 
痛みの種類は似ていますが「三叉神経痛」とは痛む時間や痛む場所では違いが出てきます。(「三叉神経痛」は日中に起こりやすく、夜間には痛みが出ずらい病気です。)
 
突発的におこる事が多いですが、
 
・食事などの咽頭や舌への刺激
・顔を触る
・会話
 
などでも痛みが誘発されます。
 
痛み以外にも、
 
・嚥下障害
・味覚障害
 
などの症状、酷くなると心拍に異常が出る事による「失神」を引き起こす事もある病気です。(「舌咽神経」が心臓の働きにも影響を及ぼす為。)
 

舌咽神経痛の原因

一番の原因としては「動脈による舌咽神経の圧迫」です。
 
ほとんどは頭蓋内にある「後下小脳動脈」が接している事が多いですが、「椎骨動脈」や「前下小脳動脈」などが原因となる事もあります。
 
その他にも
 
・骨髄腫などの「腫瘍」
・シェーグレン症候群などの「自己免疫疾患」
 
なども関係していると言われています。
 

太陽堂が考える一番の原因としては

もちろん「動脈による舌咽神経の圧迫」があると思いますが「知覚神経の障害」もあると考えられています。
 
痛みはもちろんの事、「味覚障害」「喉の違和感」などの「普段と違う感覚」を訴える方も多いです。
 
普段と違う感覚は「知覚神経の障害」からくる事が多いです。
 

舌咽神経痛の漢方薬

基本の原因としては周囲の血管による舌咽神経の圧迫の為、「血管の炎症を鎮める漢方薬」が必要です。
  
「血管の炎症を鎮める漢方薬」に加え、前述した原因の「知覚神経の障害」を改善する「知覚神経を調節する漢方薬」を使う事で違和感や痛みを取っていきます。
 
違和感や痛みはその方に合った「知覚神経を調節する漢方薬」を使う事が出来れば改善は早いです。
 
「知覚神経を調節する漢方薬」は一人一人違ってくるので、自分に合った漢方薬をお試しください。